Event is FINISHED

【オンライン参加・無料】知財セミナー 「新型コロナウィルス感染症への対策支援特許セミナー」

Description

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大により、あらゆる分野において様々な社会課題が顕在化していますが、これに対し多角的な対策が講じられつつあります。
 この対策の一環として、ジェノコンシェルジュ京都株式会社を始めとする20社の発起人から「COVID-19と戦う知財宣言※」が発出されました。これは、新型コロナウィルスの診断、予防、封じ込め、及び治療等を目的とする行為に対し、同知財宣言に賛同した企業(90社)が保有する特許技術(90万件)等について、WHOによるパンデミック終結宣言が出されるまで、これを開放するとのオープンアクセス宣言となります。
 そこで本セミナーでは、上記特許技術90万件のうち、短期間での技術開発が可能と推測される案件に絞って、その概要を分析して公表すると共に、代表的な特許発明については、特許庁データベースへのリンクが可能な詳細資料を提供させていただきます。
新型コロナウィルスと戦う多くの関係者のご参加をお待ちしております。
   ※COVID-19と戦う知財宣言の詳細は、下記URLをご確認ください。
   「COVID対策支援宣言について」https://www.gckyoto.com/covid19

概要
日時   2020年8月20日(木)15:00~17:00
会場   Zoomのオンライン
定員   100名
参加費  無料 
対象   企業・大学・研究機関の研究者・その他上記テーマに関心のある方々
申込締切 2020年8月18日(火)17:00

内容
第1部  
「知財宣言賛同企業の特許技術の説明」
①「COVID-19と戦う知財宣言」の内容
② 本セミナーについての留意点
③ 特許技術の絞込み方法
④ 宣言企業保有の16テーマの特許技術の概要
⑤ 各テーマ別の詳細説明(抜粋)
⑥ 京都企業の貢献

第2部
「特許庁データベース(JPlatPat)の利用方法の説明」
⑦ 宣言企業の特許技術の特許庁データベースへのリンク
⑧ 特許庁データベースの利用方法
※第2部はJPlatPatの操作方法をご存知の方は必要ではありません

講師
(公財)京都高度技術研究所
コーディネータ 博士(工学)・弁理士・技術士 開本 亮 氏

1981年 株式会社島津製作所航空産機事業本部入社。1984年 同社基盤技術研究所主任研究員等を歴任し、2007年 同社知的財産部専 門部長。2011年 京都国際特許事務所副所長。2014年 神戸大学学術・産業イノベーション創造本部教授。2006年 弁理士登録。研究・イノベーション学会、日本弁理士会、日本知財学会、京都技術士会に所属し、特許出願から審判、訴訟、ライセンス等、知的財産の領域で活躍中。

注意事項
・オンラインは「Zoom」を利用して行います。オンライン参加を
 お申込みされた方に、開催日までに接続URLをご案内いたします。
・受講予定の環境でZoomが使用可能なことを事前にご確認下さい。
 (Zoomの接続テストサイト:https://zoom.us/test )

主催  
(公財)京都高度技術研究所(ASTEM) 

後援  
ジェノコンシェルジュ京都株式会社

お問合せ先 
公益財団法人 京都高度技術研究所(ASTEM)      
地域産業活性化本部 京都市桂イノベーションセンター
TEL075-391-1141 FAX:075-754-6543 
E-mail:info-kkic@astem.or.jp 

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#665693 2020-07-20 00:52:37
More updates
Thu Aug 20, 2020
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
オンライン
Tickets
オンライン参加 FULL
Venue Address
京都府京都市下京区中堂寺南町134番地 Japan
Organizer
京都市桂イノベーションセンター
46 Followers

[PR] Recommended information